HC417

Day1: 11月12日(火) 15:40~16:10

ハイブリッド マルチクラウド時代のコンテナ対応ストレージ

  • ネットアップ合同会社
    システム技術本部
    ソリューションアーキテクト部
    シニアソリューションアーキテクト
    大野 靖夫

Docker等のコンテナ技術によってアプリケーションはパッケージ化され、Kubernetesの登場により単なる自動化を超えたオーケストレーションによる コンテナアプリケーションの展開運用が可能になりました。
ネットアップはオンプレミスのFAS/SolidFireに加え、パブリッククラウドでも Cloud Volumesを展開していますがこれらは全て CSI対応のソフトウェア Tridentを組み合わせることで Kubernetesの稼働するハイブリッドマルチクラウド環境に統一されたストレージ基盤を作り出す事が可能です。
このセッションでは様々な環境へKubernetesを展開しアプリケーション運用を助ける、NetApp Kubernetes Serviceとステートフルアプリケーションに必要な Persistent Volumeを展開するCSI Tridentについてデモを交えて解説いたします。

トラック

セッションタイプ

このセッションに関連するキーワード

TOP