HC425

Day1: 11月12日(火) 13:00~13:30

【実証!】当社 仮想環境を可視化、遅い原因を即座に究明 - 無駄な投資を避けることができた話 -

パケットとリソース情報でアプリと基盤を可視化するUila評価版活用例

  • 株式会社東陽テクニカ
    情報通信システムソリューション部
    係長
    野村 恒平

当社の仮想基盤は遅い・重いという声がたびたび挙がっていました。vCenterを見てもリソースに問題はないのですが、改善のために基盤増強の投資を検討していました。本当に遅いのか、また投資の妥当性を判断するために、エージェントレス且つ1時間以内で導入できるUilaで社内基盤を可視化したところ、リソースもサイジングも改善点がなかったのですが、アプリケーション側に課題を抱えている情報がとれました。本セッションでは実際の可視化結果に基づいてお話します。VDIやクラウドでも適用可能ですので、Uila無償トライアル版をぜひご活用ください。

トラック

セッションタイプ

このセッションに関連するキーワード

TOP